賃貸は場所が重要

キーリングでまとめられた鍵

生活の基盤を固めるためには住まいを確保することが必要になります。
不動産物件には様々な形態がありますが、賃貸物件で暮らし続けることにもメリットはあります。
日本ではまだかつての地価の上昇を経験した世代を中心に、まだまだ持家信仰が根強くあります。
しかし今後は都市部を除いて地価が上昇する大きな要因がありませんから、一戸建ての持ち家に暮らすことで資産を手にしようとすることの意味が薄れてきているといえます。
むしろ住まいを所有していることでその維持管理や、さらに資産であるゆえの保全の仕方など様々なことに悩まなければならなくなります。
それに比べるともちろん借りているからにはさまざまな制約がありますが、それでも賃貸のほうが大きな心配が少なくて済みます。

賃貸物件で暮らしていれば、その時期ごとに物件を移り住むことが容易にできます。
人生には必ずしも順風満帆な時期ばかりでなく、うまくいかない時もあります。
十分に暮らしに向けることのできる収入があればグレードの高い物件を選ぶことも可能となります。
またかなり節約をする必要があるようなら郊外の築年数の経過した物件に移るようにするという手立てもあります。
その時期の状況に合わせて物件を選ぶことで、暮らしの在り方を決めることができます。
また定年を境に収入は大幅にダウンし、年金生活となりますから、それまでの預貯金を切り崩しながらの暮らしに移行していきます。
賃貸物件で計画的に生活を続けることで残された収入でも十分にやりくりができるようになることでしょう。