賃貸選びの注意点

紙でできた家とビル

一昔前は物件を購入して所有する事がステータスであり、人気となっていましたが、しかし近年は価値観も変化しているようです。
賃貸を敢えて選ぶというケースも増えているようですが、賃貸が選ばれる理由として気軽さが挙げられます。
物件を購入した場合は何かと経済的な負担が圧し掛かってきたり、近所付き合いなどが必要になりますが、賃貸ですとそういった負担がありません。
低価格で借りられる物件もありますので経済的にも余裕を持つ事ができますし、賃貸の場合ですと近所付き合いもそれほど必要ではないです。
さらには引越しをしたいと思った時にもすぐに行動する事ができますし、沢山の物件候補から選ぶ事ができますので、数ある選択肢から選べる楽しさもあります。

賃貸生活を送る際に気になる事と言えば契約費用についてではないでしょうか。
契約時に掛かる代表的な費用に家賃や礼金、敷金などが挙げられますが、中にはお得になる費用もあります。
特にお得になる可能性が高いのが礼金です。
礼金は契約時のみに支払いを行う費用ですので、そこまで重視されている項目ではありません。
その為、礼金が無くなれば即契約をしたいなどの姿勢で交渉をすれば応じてもらえる事があるのです。
因みに敷金も負担になり易い存在ですが、敷金は退去する際に戻ってくる可能性があります。
その為、仮に安くしてもらえた場合でも入居者側にはあまりメリットがありません。
また、敷金は修繕に利用される費用であり、減額してもらった際には退去時の負担が大きくなる可能性がありますので交渉はしない方が良いと言えます。